事前に勉強しておく

薄毛に悩んでいる人の多くは、ひどくなるまで放置しておくか、諦めてしまうことが多いと言えるでしょう。しかし、薄毛は改善することもできるのです。その方法としては、クリニックに通うというのが一般的なのですが、クリニック選びがとても重要になります。事前に薄毛に関する知識を身につけておけば、多少ではあってもよい医師なのか、悪い医師なのかを判断することができます。

調べる素人が簡単に調べられるようなことすら知らないようでは、正直別のクリニックを受診した方がよいでしょう。なぜ薄毛になってしまうのかを知りたければ、インターネットでも簡単に調べることができます。髪の毛のサイクルやDHTという物質が原因で薄毛になり、男性ホルモンと酵素が結びついてしまうことが原因ということも調べられるでしょう。他にもテストステロンが多い人は薄毛になりやすくなります。

ヘアサイクルを元に戻すことによって薄毛は改善されますが、毛母細胞が死んでしまったら改善ができないなど、簡単なことであれば勉強が可能です。このように知識を身につけておき、医師に相談をしてみましょう。しっかりと相談に乗ってくれて、知識もあれば治療してもらい、相談にもあまり乗ってくれない場合には、知識が欠けている可能性があるので注意しないといけません。


育毛剤よりクリニック

薄毛が気になった場合には、むやみに育毛剤を使用するよりも、クリニックでの治療をおすすめします。なぜ育毛剤よりもクリニックの方がおすすめなのかというと、自分の頭皮の状態が詳しくわからないからです。頭皮の状態が詳しく理解できていて、育毛剤の成分についてもよくわかっていれば、育毛剤を使用しても全く問題はありません。しかし、何もわかっていない状態で使用しても、効果は期待できないでしょう。

医者育毛剤にもいろいろな種類があり、含まれている成分や効果も異なっています。薄毛の原因も1つだけではありませんので、まずはクリニックに行って診察をしてもらい、頭皮の状態を詳しく調べてから対策を練るべきでしょう。通常薄毛でクリニックを受診した場合、薬を処方されることが多くなっています。AGA専門のクリニックであれば、より詳しく診てもらえるので、薬も最適な物を処方してもらえます。

こちらの方法が早く治る可能性が高いですし、万が一副作用が出たときにもきちんと対応してくれるでしょう。ただし、クリニック選びは慎重に行わなければいけません。クリニックによってはAGA専門ではない医師が開業している場合もありますし、よく評判を確かめてから通うようにするべきです。


クリニックで薄毛治療

同じ年なのに友達は髪の毛がフサフサで、自分は薄毛なのはなぜだろうと考えたことがある人や、生活習慣にも気をつけているのに何で薄毛になるのかと考えたことがある人もいるでしょう。薄毛になるのにはいろいろな理由があるのですが、基本的にはDHTという物質が原因だと言われています。DHTというのは、ジヒドロテストステロンという物質のことなのですが、薄毛についてインターネットや書籍で調べたことがある人であれば、聞いたことがあるでしょう。

治療このジヒドロテストステロンという物質は、分裂を繰り返して髪の毛を作り出す毛母細胞を攻撃します。正常な状態であれば、ある程度攻撃を受けても耐えることができるのですが、ヘアサイクルの乱れや生活習慣の乱れ、ストレスや頭皮を不潔な状態にしておくことで毛母細胞が弱ってしまうと、ジヒドロテストステロンの攻撃に耐えきれなくなってしまいます。その結果、薄毛になってしまうというわけですが、ジヒドロテストステロンは最初から人間の体内にいるわけではありません。

しかし、酵素と男性ホルモンが結びついてしまうと、ジヒドロテストステロンが発生してヘアサイクルが乱れてしまうのです。ジヒドロテストステロンが大量発生してしまうと、頭皮の状態が正常で、生活習慣も特に問題がない状態でも影響を受けてしまうことがあります。重要なのは5αリダクターゼという酵素を発生させないことなのです。もし薄毛が気になったら、早めにクリニックで治療をしてもらいましょう。よいクリニックであれば改善できる可能性も十分あります。