クリニックで薄毛治療

同じ年なのに友達は髪の毛がフサフサで、自分は薄毛なのはなぜだろうと考えたことがある人や、生活習慣にも気をつけているのに何で薄毛になるのかと考えたことがある人もいるでしょう。薄毛になるのにはいろいろな理由があるのですが、基本的にはDHTという物質が原因だと言われています。DHTというのは、ジヒドロテストステロンという物質のことなのですが、薄毛についてインターネットや書籍で調べたことがある人であれば、聞いたことがあるでしょう。

治療このジヒドロテストステロンという物質は、分裂を繰り返して髪の毛を作り出す毛母細胞を攻撃します。正常な状態であれば、ある程度攻撃を受けても耐えることができるのですが、ヘアサイクルの乱れや生活習慣の乱れ、ストレスや頭皮を不潔な状態にしておくことで毛母細胞が弱ってしまうと、ジヒドロテストステロンの攻撃に耐えきれなくなってしまいます。その結果、薄毛になってしまうというわけですが、ジヒドロテストステロンは最初から人間の体内にいるわけではありません。

しかし、酵素と男性ホルモンが結びついてしまうと、ジヒドロテストステロンが発生してヘアサイクルが乱れてしまうのです。ジヒドロテストステロンが大量発生してしまうと、頭皮の状態が正常で、生活習慣も特に問題がない状態でも影響を受けてしまうことがあります。重要なのは5αリダクターゼという酵素を発生させないことなのです。もし薄毛が気になったら、早めにクリニックで治療をしてもらいましょう。よいクリニックであれば改善できる可能性も十分あります。